CADに関する知識

CADとはキャドとも呼ばれ、設計や製図を行うためには欠かせないツールの一つと言えます。
求人などを見るとCADオペレーターなどを目にする事もあるでしょうが、実際にCADはどのようなものなのかという事を当サイトでは紹介しているので、確認してみてはいかがでしょう。

CADは手書きより簡単に設計、あるいは製図を行えるようになるため、どのような設計図を作るのかという事を別として、作成に至る過程は初心者でも使いかたをマスターする事で、作業が行えるようになります。
さらにこの場合、用紙を使った作業ではなく、基本的にコンピューターを用いる作用になります。
そのため、データ管理を行いやすく、会社内でのデータ共有もしやすいというメリットがあります。

ただ、CADには注意しておきたい事もいくつかあります。
データで管理されるものであるため、データを誤って消去してしまった場合、データの復旧には限界があるほか、サルベージが行えないケースもあります。
さらに、図面修正を行う際に、紙を使った作業とは異なり、手間がかかってしまうという事もあります。
ただ、CADを使う事で作業能率は格段と高まりますし、ベテランと肩を並べて作業ができるようにもなるツールです。
CAD利用技術者試験というのもありますので、興味があるかたは資格を取得してみるのもいいかもしれません。
当サイトではCADのメリット、注意点について紹介しているので、これから使おうと思っている、どのようなものか気になるという方はチェックしてみてください。